MONTH

2020年10月

  • 2020年10月31日
  • 2020年10月31日

行き過ぎた健康志向

 我が家は下の子がアトピーで食にすごく気を使っています。厳密に言うと使い過ぎていました。生まれて少し経ってから急に顔が赤くなってきてカサカサになってブツブツになって…最初は乳児湿疹かなと思っていました。なので保湿剤を塗ったり、加湿器をたいたり。それでも一向に良くならないのです。でもその時はまさか自分の子がアトピーだとは思いもしませんでした。僕も妻も長女も大したアレルギーもなく、なんでも食べれるのです。 結局アトピーかな?と思いながらお食い初めをするまで病院に行って治療を受けることをしませんでした。なぜかと言うと、ちょうどその時が行き過ぎた健康志向で自力で治せると思っていたのです。特に食事に対する意識が過剰でした。インターネットでいろんな情報を集めて「糖質が良くない」「アメリカ牛が良くない」「添加物が良くない」「牛乳が良くない」調べれば調べるほどドツボにハマっていたような気がします。そして子供の食事に気をつけるようになって自分たちの食事も変わってきました。糖質制限もしました。添加物を摂らないようにと無農薬の野菜も探しました。牛肉も国産を買うようにしました。と数え上げればキリがないほどいろいろ気にしてました。最後どうなったかと言うと…食べるのが怖くなってしまって食べるものがなくなりました。そしてガリガリになってしまいました。現在体重80キロぐらいあるんですけど、当時は65キロまで落ちてました。本来食べることが大好きなのですけど意固地になってました。  お食い初めの前なので生後3ヶ月ぐらいでしょうか。その頃には肌はもうかき過ぎてボロボロでした。常に手袋をつけているのですが痒いのでしょうね、その上からかいて血も出たり…長女の小さい頃の写真はたくさんあるのですが次女の小さい頃の写真はとても少ないです。かわいそうで撮れなかったんです。お食い初めは流石にイベントなので写真を撮ります。このままは流石にかわいそうだと言うことで僕がお世話になっているドクターに相談しアレルギーに有名なお医者さんを紹介してもらい受診しました。血液検査などいろいろした結果たくさんのアレルギーがあることがわかりました。その中でも卵、小麦も良くないようでしたが、流石にこの2つを一生口にすることなく生活するのは難しいと考え、少しづつ慣れさせていく治療を選択しました。この治療の話はまた別の機会に。これを機に僕たちの食事も変わりました。と言うか元に戻ったと言うのでしょうか。好きな時に好きなものを食べる生活に戻りました。その時に思ったこと一つは「なんでもやり過ぎは良くない」なと言うことです。健康に気を使うことは大事だと思うのですが、必要以上に神経質になっても無駄だとわかりました。極論、無農薬の野菜って作っている段階では無農薬かもしれませんがそうなると「土は?」「水は?」「肥料は?」「そもそも種は?」となるわけです。無理ですよね(笑)それに気づくことができました。もう一つは「正しい情報を見極めること」です。なんでも鵜呑みにせず情報は自分で取りに行くことも大事ですし、信頼できる人からの情報も頭に入れることだと思いました。次女のアトピー治療にはステロイドを使用しました。ステロイド?!と思われる方も多いと思いますし、僕もステロイド…と思いました。でもみるみるきれいになっていく次女の顔を見て「本当に使って良かった」って思います。もし使わず来ていたら今もボロボロの顔をしていたかもと思うとゾッとします。 まとまりのない内容になってしまいましたが、あまり肩肘はらず完璧を求めず、生きていくことが一番健康への近道なのかなと思います。と言う話でした。

  • 2020年10月28日
  • 2020年10月28日

いくつになっても…

今日は試験でした。 10月より代理店に移籍し、以前までは生命保険しか扱うことができませんでしたが、代理店では損害保険も扱うことができます。ただ移籍すれば扱えるというわけではなくちゃんと試験があるのです。どちらかというと勉強が苦手で、頑張ってもできないことを頑張ることが恥ずかしいと思っていた時期があり、勉強に関しては早々に諦めてしまったように思います。大人になって苦労したこともたくさんあったので若い時の苦労は買ってでもしろというのはあながち間違いではないように思います。今では本が好きになって、勉強も興味のあることはできるようになりました。でもまだまだ本を読むのが遅かったり、勉強に関して言うと覚え方が下手くそだなと思う時が多々あります。きっと勉強が得意な人は何を覚えるにしてもパターン化されているようで、対応力が違いますよね。うらやましいです。僕の場合は人の2倍以上時間がかかるイメージです(笑)  そんなこんなで損害保険の勉強を10月半ばよりスタートしたのですが、まず集中力がないんですね。扱ったことがないとは言え保険は保険なので読んでいるとなんとなくわかった気になってしまうんです。その状態で模擬テストをすると案の定全然分からず…勉強中なぜか気が散ってしまって途中で違う調べ物をしてみたり、1回違うこと考えだすと集中できなくなってついついテレビをつけてしまったり(笑)自分でも意志の弱さに驚きました。損害保険の試験日は自分で決めるシステムになっているので、「このままではダメだ!」ゴールを設定しないと多分ずっとダラダラしてしまうなと思い、今日を自分で選んだわけです。試験日が近づくにつれ流石に焦りもあって集中できる時間も増えてきました。家では集中できないので場所をかえたり、電車でテキストを読んだり。 そして試験当日を迎えました。  試験が始まってびっくりです。この試験はパソコンで受験するのですが、画面の左にテキストが読めるようになっているのです。答えが見放題なわけです。正当に認められたカンニングです(笑)勉強してきましたが実際してなくてもできたと思います。横に答えがあるので。きっと日本語が読めたら受かるテストじゃないかと思います。(これで落ちてたら坊主でもモヒカンでもします) そんなこんなで無事にテストを終え、明日明後日誕生日の方のプレゼントを意気揚々と買いに行きました。そしてそこまで頑張ってもないくせに自分へのご褒美ということでビールを一杯飲んで家に帰りました。 試験は終わりましたが引き続き勉強頑張ります!!

  • 2020年10月26日
  • 2020年10月26日

釣りアホ日誌①

姫路、坊勢、浮島桟橋ににて。みな飲ませ釣りをする中、僕はジグしか持っておらず…そんな中、2匹釣らしていただきました。ツバスさん。サイズはそこそこでしたが超絶美味でした。1匹は刺身で。もう1匹は本日塩焼きでいただきます。海に感謝。

  • 2020年10月23日
  • 2020年10月23日

お金の教育??

 お金ってみなさんにとって、どんなものですか?子供にお金ってなんなん?と聞かれたら何て教えてあげますか?お金ちょーだい!って言われたらなんて応えますか?子供はよく見てるんですよね。お父さん、お母さんがちっさい鞄(財布)から長い紙やコインを出してご飯食べたり、物を買ったり…でもお金ってなんなんでしょうね?あるセミナーで「物々交換から派生したもの」「価値を交換するもの」と教えているようですが、これは正解のようで正しい解答とは言えません。正しくは「債権と債務の記録」なんです。???ですよね。簡単に言うとお札とか硬貨にはなんの価値もないということです。だから価値の交換という話は成立しないんですね。もっと詳しく知りたい方この本がおすすめです。 話を戻します。子供にはなんと教えてあげましょう?よくお金を触ると「汚いから手洗っておいで!」とか言いますよね。「無駄遣いしないよ!」「節約しないと!」「お金ないなー」これ全部子供たちは聞いています(笑)そのイメージのまま大人になったのが僕たちではないでしょうか?でもお金はなくてはならないものですよね。お金だけで幸せにはなれないですけど少なからず必要だと思います。なのにお金を汚い物扱いしたり、お金の話はいやらしいとなぜ言ってしまうのでしょうか?それは僕たちが『正しいお金の教育』を受けてないからなんです。自分の子供に将来お金に困ってほしい…と思う親はいないと思います。であればお金の勉強は大人にとっても必須科目です。目を背けず学ぶ必要があります。 我が家ではお客さんに喜んでもらって「ありがとう」って言ってお金がもらえるんやで。と教えています。(たまに外食していると店員さんに横柄な態度をとる人がいます。お金払うんだから当たり前だろみたいな。あれはお金の意味がわかっていない大人の典型的なパターンです。お店からしたら二度ときて欲しくない客ですよね。おいしいご飯、サービス、雰囲気、全てのおもてなしに「ありがとう」で僕たちはお金を払います。お金を払う人が偉いという勘違いをしていると、それまた子供が見てマネをしますからね。)頑張って働いたら。とかいっぱい働いたら。お金がもらえるんだよ。というのは戦後間もない感覚なような気がします。そうしないとお金を手に入れてはいけないという感覚もまた違うように思います。「ありがとうの大きさが大きいほどたくさんお金がもらえるんやで」と僕は教えていますし、自分にも言い聞かしています(笑)  コロナの自粛期間中、やることがなかったので「塗り絵が欲しい」「パズルが欲しい」「アクアビーズが欲しい」と欲しい物がありすぎ!!なんかお店やったら?と言い、「父ちゃんも母ちゃんも朝にコーヒーいれてもらえたら嬉しいな〜」って言うと「コーヒー屋さんする!」と。素直な子です(笑)最初に1000円融資しました。そのお金で豆を一緒に買いに行きました。数日コーヒーの淹れ方をレクチャーし、開店です。。その日から帳簿もつけさせてみます。まだ1年生なのでだいぶ手伝いましたが手元にあるお金と帳簿のお金があっているか、ちょこちょこ計算するようになって興味が湧いてきたのだと思います。朝起きてくると「コーヒー淹れよか?」と言ってくるようにもなりました。「嬉しいわ、ありがと」といって100円渡します。豆がなくなったら貯まったお金で買って、人が来たらちゃっかりコーヒーを用意して、後から僕に請求してきたり(笑)その貯まったお金を使って自分が欲しいものを買ったり、妹に買ってあげたり。夏休みが終わって学校が始まってからは休業中です。あったものがなくなるのはちょっと不便さえ感じてしまうぐらいです。早く冬休みにならないかなと思っています。 このコーヒー屋さんを通して僕は、お金ってどういうものなのかを知ってほしいなと思っていました。小さい年齢からお金にふれることは僕は良い事だと思っています。もう少し大きくなったら投資とか一緒にやってみたいなと思っています。僕も保険屋になってお金の勉強を始めました。だからこそいろいろ知ることができたし気づくことができました。なので今何も知らない、興味がないのは仕方のないことです。少しずつで良いので僕たちの生活に切っては切れないお金について一緒に勉強できたら嬉しいです。  子供に何か教えたいな…と思った時のおすすめ図書を掲載しておきます。よければ参考にしてください。

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月20日

バングラデシュ!?

 今日はお昼過ぎに仕事が終わったので妻のいとこが最近オープンしたお店に行ってきました。 大阪メトロ中崎町駅1番出口を出たらすぐのところにお店はあります。ビルの3階です。名前は「國屋シナノバングラデシュサンドウィッチ」バングラデシュってサンドウィッチが有名なのかと思ったら、そういう訳ではなくマスターが顔が濃いくてバングラデシュ人ぽいからということでした。 いきなり入り口から様子がおかしいです(笑) たくさん鍵がかかってました。来るとこ間違えたかなと思いつつ恐る恐るドアを開けると…マスターがいてはりました。久しぶりにお会いしました。以前よりもスッキリした表情をされている気がしました。いろいろ話を聞かしてもらった中でも、お店ができるまでの経緯がとても印象的でした。何かを始める時って緻密に準備をした方が良いのかもしれませんが、僕はタイミングってすごく大事だなと思っていて、まさにこの「國屋シナノ」さんはそういうお店だなと感じました。 注文は来るのが初めてのお店なのでおすすめでお願いしました。僕はバングラデシュサンドウィッチ。妻はオイルサーディンを注文。サンドウィッチってちょっとお洒落な食べ物の印象でしたが、ここのサンドウィッチはボリュームがすごい!!お洒落に、お上品に食べたいとこでしたがサンドされた食材が多すぎて口の周りが子供の食事みたいになってしまいます。もう少しで食べ終わるなぁという時に妻が『ちょっとぐらいちょうだいよー」と言ってきたのであげました。先に僕が食べ終わって、妻のオイルサーディンを一口もらおうと思って待っていたら。ちょっと油断したすきに全部食べ終わってしまいました。あげたからくれるかなと思っていたのに…考えが甘かったです。ちゃんと口に出して言わないと伝わりませんね(笑)また改めて行った時に頼みたいと思います。 閉店17時ですけどお酒もたくさん置いているので、仕事に疲れたらいっぱい飲んで気分切り替えて仕事に戻りましょう!!(笑)

  • 2020年10月18日
  • 2020年10月19日

まちスポ ふれあい祭り

 夏にはことごとくお祭りがなくなり悲しい思いをしました。でもこれも仕方のないことです。今では少しずつ人が集まれる状況になってきたように感じます。そこにはたくさんの人たちの感染に対する配慮があってこそ成り立つものだなと改め感じます。感謝です。 今日は垂水区のまちづくりスポット神戸さん主催の「ふれあいまつり」に参加させていただきました。妻が主催者側で参加しております。ブースの空きあがあるとのことで僕も参加させていただくことになりました。 子供たちはお客さんの前でヨガを踊っていました。小さい頃から人前で何かする経験って大事だなと思います。そういう経験がないので僕は人前で何かするのも苦手ですし、口下手という…小さい頃の経験が後の人生に活かされたら良いなと思います。  僕はブースをお借りして動物占いをしました。こう見えてマスターインストラクターまで持っているのですが人前であまり使ったことがないんです。恥ずかしくて(笑)今日は1年ぶりぐらいに対面で診断しました。させてもらった方はみなさん喜んでくれて「へー」とか「確かにー」と勝手にご家族で盛り上がられていました。多分診断してあげないと!と気負いすぎていただけで多くを伝えなくても楽しんでもらえるんだなと気づくことができました。また機会があれば参加したいと思います。いつでも診断できますので気軽に言って下さい♪

  • 2020年10月17日
  • 2020年10月17日

姫路と言えば…

 昨日は仕事で岡山へ。日帰りですが…電車で必ず姫路を通ります。新卒で配属されたのが姫路でした。毎日朝早くから夜遅くまで働いて歳の近い先輩とラーメンを食べに行ったり、ゴルフの打ちっぱなしに行ったり。楽しい思い出もたくさんありますが仕事には面白さを見出せず1年間は廃人のような生活をしていました。 心の支えは毎週日曜日にあるアメリカンフットボールでした。あれがなかったら引きこもりになっていたかもしれません。平日は毎朝起きるのも辛かったですが日曜になるとパッと目が覚めました。不思議なもんですね。最近は次の日が釣りだと思ったらパッと目が覚めます(笑) 姫路駅から電車に乗ってでかけた時の楽しみは帰りに食べる「えきそば」でした。そばって名前ですけど麺はラーメンぽいんですよ。出汁はそばっぽいです。アンマッチかと思いきやこれが意外と美味しい!! 姫路には2年ほどしか在籍していませんでした。何かないと姫路って行くことないんですよね。最近仕事でちょくちょく岡山に行くことがあって姫路駅に降りることがあります。懐かしいなーと思い、なんとなく「えきそば」の自動ドアぽい手動のドアを開けてついつい注文してしまうのでした。

  • 2020年10月15日
  • 2020年10月15日

子育てについて思うこと

 僕は友達みたいな父親を目指しています。最近子育てについて思ったことがあったので書き留めておこうと思います。よく聞く言葉なんですけど「子供が好きなことをやらせてあげたい」これってよく聞くし、よく使いますよね。僕も使ってましたし、もちろんそう思います。ただ現実はどうかと言うと何をさせるにも明らかに自分たちがこういう子に育ってほしい。という想いが入っていることに気づきました。顕著に出たのが習い事です。我が家には小1、年長の年子の姉妹がいます。一時期あれしたい、これしたいをすごく言うようになっていました。全部やらしてあげるのが一番本人の可能性を広げることができたのかなと思うのですが、実際は2つしかやらしていません。僕らが思う「子供にはこうなってほしい。」に入っていなかった習い事だったのでしょう。正直お金の面もあります(笑)今悩んでいるのは柔道です。バレエは即却下しました。我が家にバレエをやっている子がいるのって想像できませんでしたし、バレエのイメージって優雅で繊細でおしとやか。というような感じでしょうか。近藤家の印象と大きくかけ離れた子に育ってしまいそうでスルーしておきました。多分子供たちも時間が経ってバレエのことはもう忘れていると思います。 子供が小さい間って自分で決めれませんよね。僕もいろいろ習い事させてもらっていましたが自分からしたいって言った習い事ってあったんでしょうか…言っていたとしてもきっと軽いノリで「やりたい」とか言っていたのではないかと思います。そう考えると僕は比較的やりたいってことやらせてもらっていたのかもしれませんね(笑) これが子供が大きくなったらどうでしょう?自分でやりたいことを選べるようになった時。何歳ぐらいなんでしょうね。想像もつきませんが中学生とかになるともう立派な大人ですよね。その時にはもう「やめておき」とかスルー作戦は通用しないような気がします。このタイミングでは心から応援してやれる親父でありたいと思いますね。それが僕の理想とするかっこいい親父です。多くを語らずやらせてあげます。それは僕が親にしてもらったからというのもあるかもしれません。人生は感謝と恩返しなんですかね(笑)まだ半沢直樹熱が冷めやらぬ…ですが本当に良い言葉だなと思っています。 子供には自由に伸び伸び元気よく、愛嬌のある子になってほしい。10年後、20年後にかっこいい親父を演出できるようにコツコツ準備がんばっていきましょう。

  • 2020年10月14日
  • 2020年10月14日

ミルクブレッド

ミルクブレッド。新商品かな。。見た目、非常に良い。むちゃ美味しそう。食べたら口の中でベッタベタになって水分奪われがち。リピートは…なしの方向で(笑)あくまで個人的感想です。

  • 2020年10月12日
  • 2020年10月12日

幼稚園の運動会

 土曜日の予定でしたが台風の影響で日曜日にずれ込みました。土曜日はコーチでお邪魔している流通科学大学のアメリカンフットボールの試合があり「カブってしまった…」と思っていましたが、強運です。台風だと言われていたのに土曜日もそこまで天気は悪くなく試合も普通にできました(負けましたが)そして日曜日。快晴です。びっくりしました。 次女は年長なので今年で本当に最後の幼稚園での運動会です。コロナの影響で児童1人につき観にくる人も1人と最初言われていてショックでした。ここは僕の妻が親御さんの意見を要望書として幼稚園に提出し2週間ほど前に観にくる人は2人までOKになりました。僕の妻は僕とは比べものにならないぐらい行動力のある人間です。尊敬します。 子供の演技は本当に感動しますよね。何をするかもずっと「ナイショ!」と言って教えてくれませんでした。演目も去年より少っかた気がしましたし、きっと準備の時間もそこまでとれなかったと思います。でも子供たちのパワーなんですかね〜なんなんでしょ!!毎回ウルウルしてしまいます。 その中でも僕はこのパラバルーンが一番感動しました。みんなで力を合わせて、声出して息を合わせて、小さい体を精一杯使って引っ張ったり縮めたり。しみじみ大きくなったなーとか思ってしまいます。次女はちびっこでおてんばで世話の焼けるタイプだから余計に成長を感じてしまうんです。本当は親のリレーがあるんですけど、今回は中止でした。これは唯一他のお父さんに負けないかっこいい親父をアピールする場でもあったのですが想いは届かず…子供と「二人三脚」になってしまいました。仕方ないです。それなりに楽しみました。 抱っこで席まで帰らされました。 もうあと数年したら抱っこもできかんかもなーとか 掛け声でかめの二人三脚(笑) 運動会でウルウルになっているようでは卒園式で涙腺崩壊してしまいそうです。もう10月も半ばに入ってきましたし、あっという間にその時は来てしまいそうですね。万全の状態で臨みたいと思います(笑)

>ゴリラでもわかるお金の情報を発信中

ゴリラでもわかるお金の情報を発信中

少々ゴリラっぽい保険屋の公式LINEができました! ゴリラでもわかるくらいカンタンに知らなきゃ損するお金の情報や保険の裏話、たまにボクのプライベートを発信してます! ご相談もコチラのLINEから気軽にお待ちしております!

CTR IMG