CATEGORY

仕事

  • 2020年10月28日
  • 2020年10月28日

いくつになっても…

今日は試験でした。 10月より代理店に移籍し、以前までは生命保険しか扱うことができませんでしたが、代理店では損害保険も扱うことができます。ただ移籍すれば扱えるというわけではなくちゃんと試験があるのです。どちらかというと勉強が苦手で、頑張ってもできないことを頑張ることが恥ずかしいと思っていた時期があり、勉強に関しては早々に諦めてしまったように思います。大人になって苦労したこともたくさんあったので若い時の苦労は買ってでもしろというのはあながち間違いではないように思います。今では本が好きになって、勉強も興味のあることはできるようになりました。でもまだまだ本を読むのが遅かったり、勉強に関して言うと覚え方が下手くそだなと思う時が多々あります。きっと勉強が得意な人は何を覚えるにしてもパターン化されているようで、対応力が違いますよね。うらやましいです。僕の場合は人の2倍以上時間がかかるイメージです(笑)  そんなこんなで損害保険の勉強を10月半ばよりスタートしたのですが、まず集中力がないんですね。扱ったことがないとは言え保険は保険なので読んでいるとなんとなくわかった気になってしまうんです。その状態で模擬テストをすると案の定全然分からず…勉強中なぜか気が散ってしまって途中で違う調べ物をしてみたり、1回違うこと考えだすと集中できなくなってついついテレビをつけてしまったり(笑)自分でも意志の弱さに驚きました。損害保険の試験日は自分で決めるシステムになっているので、「このままではダメだ!」ゴールを設定しないと多分ずっとダラダラしてしまうなと思い、今日を自分で選んだわけです。試験日が近づくにつれ流石に焦りもあって集中できる時間も増えてきました。家では集中できないので場所をかえたり、電車でテキストを読んだり。 そして試験当日を迎えました。  試験が始まってびっくりです。この試験はパソコンで受験するのですが、画面の左にテキストが読めるようになっているのです。答えが見放題なわけです。正当に認められたカンニングです(笑)勉強してきましたが実際してなくてもできたと思います。横に答えがあるので。きっと日本語が読めたら受かるテストじゃないかと思います。(これで落ちてたら坊主でもモヒカンでもします) そんなこんなで無事にテストを終え、明日明後日誕生日の方のプレゼントを意気揚々と買いに行きました。そしてそこまで頑張ってもないくせに自分へのご褒美ということでビールを一杯飲んで家に帰りました。 試験は終わりましたが引き続き勉強頑張ります!!

  • 2020年10月23日
  • 2020年10月23日

お金の教育??

 お金ってみなさんにとって、どんなものですか?子供にお金ってなんなん?と聞かれたら何て教えてあげますか?お金ちょーだい!って言われたらなんて応えますか?子供はよく見てるんですよね。お父さん、お母さんがちっさい鞄(財布)から長い紙やコインを出してご飯食べたり、物を買ったり…でもお金ってなんなんでしょうね?あるセミナーで「物々交換から派生したもの」「価値を交換するもの」と教えているようですが、これは正解のようで正しい解答とは言えません。正しくは「債権と債務の記録」なんです。???ですよね。簡単に言うとお札とか硬貨にはなんの価値もないということです。だから価値の交換という話は成立しないんですね。もっと詳しく知りたい方この本がおすすめです。 話を戻します。子供にはなんと教えてあげましょう?よくお金を触ると「汚いから手洗っておいで!」とか言いますよね。「無駄遣いしないよ!」「節約しないと!」「お金ないなー」これ全部子供たちは聞いています(笑)そのイメージのまま大人になったのが僕たちではないでしょうか?でもお金はなくてはならないものですよね。お金だけで幸せにはなれないですけど少なからず必要だと思います。なのにお金を汚い物扱いしたり、お金の話はいやらしいとなぜ言ってしまうのでしょうか?それは僕たちが『正しいお金の教育』を受けてないからなんです。自分の子供に将来お金に困ってほしい…と思う親はいないと思います。であればお金の勉強は大人にとっても必須科目です。目を背けず学ぶ必要があります。 我が家ではお客さんに喜んでもらって「ありがとう」って言ってお金がもらえるんやで。と教えています。(たまに外食していると店員さんに横柄な態度をとる人がいます。お金払うんだから当たり前だろみたいな。あれはお金の意味がわかっていない大人の典型的なパターンです。お店からしたら二度ときて欲しくない客ですよね。おいしいご飯、サービス、雰囲気、全てのおもてなしに「ありがとう」で僕たちはお金を払います。お金を払う人が偉いという勘違いをしていると、それまた子供が見てマネをしますからね。)頑張って働いたら。とかいっぱい働いたら。お金がもらえるんだよ。というのは戦後間もない感覚なような気がします。そうしないとお金を手に入れてはいけないという感覚もまた違うように思います。「ありがとうの大きさが大きいほどたくさんお金がもらえるんやで」と僕は教えていますし、自分にも言い聞かしています(笑)  コロナの自粛期間中、やることがなかったので「塗り絵が欲しい」「パズルが欲しい」「アクアビーズが欲しい」と欲しい物がありすぎ!!なんかお店やったら?と言い、「父ちゃんも母ちゃんも朝にコーヒーいれてもらえたら嬉しいな〜」って言うと「コーヒー屋さんする!」と。素直な子です(笑)最初に1000円融資しました。そのお金で豆を一緒に買いに行きました。数日コーヒーの淹れ方をレクチャーし、開店です。。その日から帳簿もつけさせてみます。まだ1年生なのでだいぶ手伝いましたが手元にあるお金と帳簿のお金があっているか、ちょこちょこ計算するようになって興味が湧いてきたのだと思います。朝起きてくると「コーヒー淹れよか?」と言ってくるようにもなりました。「嬉しいわ、ありがと」といって100円渡します。豆がなくなったら貯まったお金で買って、人が来たらちゃっかりコーヒーを用意して、後から僕に請求してきたり(笑)その貯まったお金を使って自分が欲しいものを買ったり、妹に買ってあげたり。夏休みが終わって学校が始まってからは休業中です。あったものがなくなるのはちょっと不便さえ感じてしまうぐらいです。早く冬休みにならないかなと思っています。 このコーヒー屋さんを通して僕は、お金ってどういうものなのかを知ってほしいなと思っていました。小さい年齢からお金にふれることは僕は良い事だと思っています。もう少し大きくなったら投資とか一緒にやってみたいなと思っています。僕も保険屋になってお金の勉強を始めました。だからこそいろいろ知ることができたし気づくことができました。なので今何も知らない、興味がないのは仕方のないことです。少しずつで良いので僕たちの生活に切っては切れないお金について一緒に勉強できたら嬉しいです。  子供に何か教えたいな…と思った時のおすすめ図書を掲載しておきます。よければ参考にしてください。

>ゴリラでもわかるお金の情報を発信中

ゴリラでもわかるお金の情報を発信中

少々ゴリラっぽい保険屋の公式LINEができました! ゴリラでもわかるくらいカンタンに知らなきゃ損するお金の情報や保険の裏話、たまにボクのプライベートを発信してます! ご相談もコチラのLINEから気軽にお待ちしております!

CTR IMG